たよさん日記

たよじいさんのスローライフ
菜園を中心に日ごろの出来事を
気儘に!
皆さん、どうぞ良いお年をお迎えください!!
長女の家に我が家のお節を届けた。長女の旦那は今日も仕事とのこと。ご苦労様です。
そうだよね、昨今はサービス業に携わる人々が3分の1。ひとが休む時に働く人がいるからこそ成り立つんだよね。
孫ふたりも元気に過ごしている、なりよりだ。
さて、いよいよ年末、明日は新年を迎える。
普通に思えば今日と明日、だけど年末年始は違う。
そんな節目を感じて思いを新たにする、大事なことだ。
今年の新年に結婚した次女が旦那と帰ってきた。我が家が【ふるさと(帰省先)】になるわけだ。年が明けてから旦那の実家に帰る予定とのこと。通過点だ。

総じて今年は良い年だった。
新年元旦は例年地元の氏神様(皇太神宮)、清荒神、中山観音を歩いて参拝している。
来る新年もそのパターンになるかもしれないが、これも我が家の伝統になりつつある。果たして次いでくれる人がいるかが問題となるのではあるが・・・。
あまりにも少ないお賽銭でお願い事はふんだんにある。あつかましいにもほどがあるが、新年も色々とお願いしていこう。
皆さん、良いお年をお迎えください。
| tayo0826 | 今日の出来事 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
我が家の伝統【お節料理】
だいたい今日(30日)がどの家庭でもお節料理をこしらえる日だと思う。
今までは会社が休みに入って初日で大掃除が私の役割だった。今年は違う。
大掃除は昨日で終わった。初めて台所仕事に加わった。

我が家と長女の家の分、家内の姉とその子の家の分、計4軒分の【お節】を作る作業にかかった。4軒分になると半端じゃない。姉の家からも台所用具を持ち込んでの大仕事だ。
私の仕事は下ごしらえと洗い物、とても一品なりを任せてもらえる余裕は無い。朝8時から夕方6時まで、家内と姉そして姉の長女、奥さん方のパワーは凄いものだった。
幸いにも台所仕事の一端を退職以降担っていたいたんで、包丁の扱いには慣れてきている。大いに役立ったと確信できる。
だけど、材料の買い込みからメニュー、段取りは3人の主婦任せ。口を挟む術は全く無かった。
お疲れさーん!!拍手
でも、この私の田舎から伝わった伝統お節は今後も守って欲しいものとつくづく思った。(家内も私の同郷、当然家内の姉も)
孫たちがもっと大きくなれば我が娘たちも再びこの行事に加わってくれるだろう。
私も一役買えるように腕前を磨いていくとするか。。。

2番目の孫が生まれた娘の家に届ける【お節】の詰め合わせ、
一から三の重
自分が加わったお節、年々酒がすすむ。熱燗困ったもんだ!
旨いもん食って死ねるなら本望だー!!楽しい


注連縄も飾った。
このブログを書いている最中に「火の用心! カチカチ」拍子木の音。地元の人々の夜回りの声が響いてきた。「ご苦労様です」
皆さんの街の年末風物詩は?
こんな風物詩がある我が街、この伝統も守って生きたいものだ。
| tayo0826 | 料理に挑戦 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
大掃除完了! 疲れたー!
初雪がちらつく中、家の周りの大掃除。明日からはお節料理に取り掛かるため今日中に掃除は終わりにしなくちゃーならん。つらいのー。
【失敗その1】
早めに外回りを終え家の中の残り箇所を掃除。さてと、あと気がかりなところは?  そうそう、むかし子供たちがセロテープを張ったもんで、ところどころ塗料がめくれてはげはげの壁がある。ニスを塗って目立たなくしよう。思いつきは良かったがニスを塗ったら照かって余計目立つようになってしまった。失敗、年が明けたらつや消しの塗料を買って塗りなおしだ。

【失敗その2】
阪神大震災の影響で土塗り壁の一部に亀裂が入ったままの箇所が3箇所ほど残っている。充填しよう。この色だろうと合わせたつもりだったが、違っていた。これも余計目立つようになってしまった。
慎重に色を合わせて塗りなおす必要あり。

スローライフに入って色々やるのはいいが、余分な手間隙をかけることにもなりかねない。反省、自戒。

例年、正月飾りにお隣から蝋梅(ろうばい)をいただいている。
今年もいただいた。今年は暖冬の加減か葉が残ったところに花が付いている。



正月飾りで思い出したが、門松、注連縄、鏡餅などの正月飾りは28日までに飾り終えるのが正式とのこと。でも28日は早い気がする。だけど29日は飾り付けるのはダメらしい。それは九松=苦を待つ(門松)とか九餅=苦を持つ(鏡餅)と言って縁起が悪い。
31日の大晦日に飾り付けるのも「一夜飾り」と言って神様に失礼にあたるそうです。30日(明日中)には飾り付けるようにしよう。

昔からの言い伝えなどで、縁起が悪いと言われることはしないに越したことは無い。
| tayo0826 | 今日の出来事 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
畑作りに挑戦【大根の越冬】
家内が「XXさんが大根欲しいって!」、「それから、最近の大根以前よりみずみすしさが減ったみたい。」
そう言われりゃずっと畑に置いといたんじゃー 素(す)が入るかも(中が硬くなって隙間ができる状態)。大きく太くを願っても限度がある。
早速、金子美登さんのマニュアルを見る。
一旦大根を掘り起こし、穴を掘って2本ずつ埋めて土を首の上(葉先)までかける。そすれば3月ごろまで持つとあった。残った大根17本、これをそのようにした。
一番大きいのをXXさんにお渡しした。
以前にも書いたが、家庭菜園では一度に沢山出来ても消化しきれない。順次出来るようにする。そのためには例えば3等分して最初の種蒔きから1ヶ月、そして半月遅らせて種を播く、こんな形でやれば順次収穫が出来る。
当たり前と言えばそうなんだが、だいたい一度に種を播いてしまうケースがおおい。

大根堀り作業で大きな発見。
土を掘り返していると何の虫かは分からないが幼虫がポロポロ。潰そうとしたがまるでゴムのように強く簡単には潰れない。ゴム長で踏んでもだめだ。
「なるほど、表皮を強くして越冬しているんか。どっかで卵状態で翌春に孵るのかと思っていだが、中には幼虫のままで越冬する虫も居るんだ。」
変なところで納得、逞しい生命力に感心した。
春には彼らとの戦いが始まるのだ。

来春の畑作物の計画も概ね出来ている。葉ものは、さっきも言ったとおり虫との闘いが厳しい。そこで根菜を半分考えている。さつま芋、じゃが芋、南瓜これらを上手く配置してやってみたいと思っている。
乞うご期待!!

| tayo0826 | 家庭菜園 | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
たよさんの本年10大ニュース
荒天一過、今日は暖かい日和。東京ではこの時期にしては珍しく20度を超えたと報じている。おかしな気候だ、でも明日から寒波が来るらしい。風邪に気をつけよう。
さて、暖かだったので大掃除の続きだ。窓掃除をやった。
例年、この時期は結露で窓の桟が水滴でグショグショ。カビて真っ黒になっている。(多分皆さんの家でもそうだろう。)
昨年思わぬ商品を見つけ試してみた。これがgoodで大幅に結露が減った。
それはアサヒペンから出ている『窓ガラスの結露水だれ防止スプレー』。まさに商品名そのもの。¥300程度の商品。
これをスプレーしようとしたが見当たらない。「お母さんどこやった?」
「知りませんよ」
使い切っていない筈、無い。よくよく考えてみると、今年1月に嫁いだ次女が社宅の結露がひどいと言っていたんでやったんだ。思い出した。
買うしかない、早速ホームセンターへ。
優れものですよ。結露で悩んでいる人はこれをどうぞ試してみて・・・。

さて、前置きが長くなったが次女の結婚が出てきたので今年の我が家の十大ニュースをまとめてみることにした。

1.たよさんのハッピーリタイヤメント  まずはこれ。(6/29)

以下は順不同で発生順に並べてみた。

2.次男が英国留学より無事帰国  果たして成果は?  (1/4)
3.次女が晴れて結婚  良き家庭を願う        (1/14)
4.次男の就職が決まる、そして学費払込み終了 万歳  (5月)
5.このブログ「たよさん日記」を立ち上げる      (6/23)
6.リタイア後 四国88ヶ所の巡礼に  無事結願    (7〜8月)
7.甲子園に日参 早稲田実業の優勝を間近で見届ける  (8/21)
8.畑を借りて家庭菜園を始める            (8/29)
9.秋のカナダ感動紀行 10日間の旅         (9/26-10/3)
10.二人目の孫[栞ちゃん]誕生           (10/31)

なんでかハッピーな事ばっか並んだが、果たしてそうっだたのか?
そうてはなかったと思うが総じて充実した年だった。

【人生走馬灯の如く】人生の末期には楽しかったことしか脳裏に巡ってこないと言う。それなら楽しい想い出を沢山持ったほうがよりハッピーだ。
単純だが来年もそんな生き方で過ごして生きたいもの。

| tayo0826 | スローライフの特典 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
首相夫人がブログを公開
アッキーこと安倍昭恵さん(首相夫人)のブログが公開された。
早速覗いてみた。『安倍昭恵のスマイルトーク』と題したブログ、よかったら見てください。
首相との日常がほのぼのとした内容で(今日の投稿)紹介されている。読者も多いから投稿内容にもひょっとしたら事前の検閲があるんではないだろうか? いづれにしても気遣いの多いことだろう。
因みに私は、小泉前首相のころから始まった『小泉内閣メールマガジン』の読者として登録、毎木曜日に配信される首相官邸からの内容を読ませてもらっている。勿論いまは『安倍内閣メールマガジン』に変わってはいるが・・・。
これも覗いてみて良かったら配信希望をしたら。首相宛に意見を申し述べることもできますよ。

最近、安倍さんの人気の度合いもちょっと落ちてきているようだ。
でも、まだ3ヶ月、最初は誰がなっても世は不安な気持ちを抱くものだ。一歩引いたところで見守り、意見があればメールマガジンに投稿するのもいいじゃないかな。
今までのように選挙だけでしか意思表示ができない時代は終わった。デジタルツールを使った一般人の気持ちの反映が自由にいつでも出来るようになれば、立候補する人々の顔ぶれも次第に変わってくるだろう。3バン(ジバン、カバン、カンバン)が無くともリーダーシップを取る人が・・・。
おっと、安倍さんは3バンを十分背負った人だったね。

閑話休題(話は変わって)
今日は天気が今ひとつ、大掃除には気合が入らない。
幸い好食材を近所よりいただいた(いただき物が多いな)。【広島牡蠣の剥き身】そして正月の食材【くわい】、正月前だが新鮮なうちにいただこう。

・牡蠣はフライにしていただいた【レモン】汁をたっぷりかけて。
  美味ー!!



・ちょっと小ぶりのくわいだったので、フライパンで炒め塩を振って
 食した。 これも美味ー!!


あとは自家製の大根に炒り卵を乗っけたカナッペ風サラダ
新鮮な食材でプチ贅沢をさせてもらった。(もの凄い安上がり)
| tayo0826 | 料理に挑戦 | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
88億光年先でも巨大銀河が誕生
年の瀬も押し詰まってきた。こんな言葉も今では聞かれなくなりつつあるのでは・・・。
そんなことはどうでも良い、今日も目いっぱい働いた。
台所のクリーニングそしてワックス掛け、洗濯機およびその周りの清掃、男便所の水の流れを良くする清掃、そんなことはどうでも良い
今日の新聞にタイトルに記した『88億光年先でも巨大銀河が誕生』の記事があった。端的に言えば88億年前の光、現象を確認したと言うこと。
詳しいことは日経の12/25(月)の朝刊またはインターネットで見てください。
「我々の今生きている太陽系を含む銀河系の何倍もの質量を持つ巨大銀河が誕生した、それも88億年前の光を今確認した。」
とんでもない話だよね。

国立天文台の画像 とても神秘的!!


人間の生きている時間はせいぜい良くて80年、億年なんて何の話?と言うのが本音だと思う。
でも、思い出したが苦しいとき辛い時にこんな宇宙の話を思い出して、「私の生きているのはほんの一瞬じゃんか! 地球誕生からの尺度で見たら私の人生なんて(1年で例えたら)年末の24時1秒前! もっと考えろ!」なんて思って寝たことを・・・。
今の時代、子供たちがすぐ死に結びつけるような出来事が多いが、こんな宇宙の話をしてやることが『死んで花実が咲くものか』で思いとどまることに生かせるような気がしないでもないが・・・。

そんなことはどうでも良い。
年末と言っても今日、明日の時間軸は変わらない。
でも、充実した一日が送れたのだから・・・。

ちょっとお酒が入りましたかな・・・?
| tayo0826 | 今日の出来事 | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
クリスマスイブにディープインパクト圧勝!!
まず言っておきますが、競馬には特に興味は無い。
でも、夕方のニュースで見た今日の有馬記念のディープの走りは、まさに【飛ぶが如く走る】情景を見せていた。まだ四才馬なのに引退するとは『なぜ』だろうか。
馬主の思惑があるのだろう。

さて、有馬記念とクリスマスイブ。(関係はないが)
キリスト教の国ではない日本で、これまた『なぜ』クリスマスを大々的に祝う風習が出てきたのだろう?
不思議な国だ。還暦を過ぎたが私は戦後生まれ、それも山陰の片田舎で生まれたが、幼いころの記憶をたどると、多分小学校の2〜3年ごろだろうと思うが、ズックの野球グローブを(サンタ?に)貰ったことがある。球を受けるところだけに皮が貼ってあるあのグローブだ。嬉しかった。
その前後の年については記憶が無い。このシーンは昭和28〜29年ごろだろうか。
いや、田舎のことだ、あのころにクリスマスやサンタなんて無かったかな。ひょっとしたら正月のプレゼントを勝手にクリスマスと思い込んでいるのかも?
戦後はアメリカの影響力と復興する日本の若さで『何でも受け入れ豊かになった』。

いづれにしても、いつの間にか田舎でもクリスマスを言うようになりそして正月と贅沢なものは無かったが私にとってはご馳走が食える喜びを大いに感じたことを思い出す。いまでも餅は大好物だ。
さて、我が家の今年のクリスマスは、『お孫ちゃん』のために自家製ケーキのお出ましだ。勿論、私が娘に代わってお手伝い。自画自賛だが立派なケーキの出来上がりー。



お味は? この記事を書いているときはまだ賞味できていない。
勿論、悪かろう筈は無い!?

     メリークリスマス

| tayo0826 | 今日の出来事 | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
今冬は暖冬の気配!?
本年納めのゴルフ。ゴルフ
今の時期珍しく暖かい日和だった。陽だまりで一眠りしたいぐらいの心地よさ。案の定スコアはもう一つ出来、あまり納めにならなかった感があるが・・・。

まてよ、去年はこんなんではなかったはず。PC日記を紐解いてみた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2005年12月18日(日) 寒波到来。・・・・・・
   12月22日(木)朝から雪、帰着時は歩いて帰るしかない始末。
         大阪でも積雪、北陸山陰では記録的な大雪。
         暖冬予想おお外れ。
2006年1月9日(月) 成人の日、1月に入っても各地で記録的な大雪が続く。
         いつもの如く大騒ぎの成人式報道。
         あのくだらないパワーをぶつける彼らに
         雪下ろしのボランティアをやらす手段はないのか
!?怒り   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
思わず笑ってしまったがこんな怒りを書いていた。
そうなんですよ、昨年は厳冬だったんですよ。
こういった記録を残しておくのも、色々思い起こすのに、そしてある種の”ボケ防止”にも役立つかも・・・。
| tayo0826 | 今日の出来事 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
冬至の柚子風呂
今日は冬至、寒さはこれから増してくるが日は長くなってくる。
正月を過ぎると春の気配を感じるのはこの日が長くなることも一理あるのだろう。
冬至で思いつくのは? 南瓜、柚子こんなものかな。
でも【旬】を過ぎた南瓜が出てくるのはなぜだろう?
我が家も冬至に因んでなんかするのかな。何もなさそうだ。
「お母さん、冬至の柚子風呂にするか。何個使っていいかな。」
「そうね、鍋にも使うから2個ぐらいにしといたら。」
ちょっとケチくさいけど、しゃーないか。
その2個の柚子風呂に入ったが、柚子も温まると香りが増して2個でも十分!

でもまだこんなにあるんだよね。



閑話休題、
旬の話に戻ります。
柚子は今頃が旬だろう。
【旬】とは何を言うんだろう。
野菜に限らず、魚でも最高の時期に獲れるものが『旬のもの』だ。
魚ではかつお、さんまなど青魚が多いかな。
旬が最もパワーを持っている時期、そのパワーを頂くことがその次のパワーを導き出すと思う。
特に野菜は季節感【旬】がなくなってきている。でも、調査によると冬のトマトなど旬ではない時期のものは、旬のものと栄養分では格段の差が現実にあるとのこと。
今、私がやっている畑は旬にしかできない。土はもとより、後はお日様と雨、気温が重要な要素だ。旬のパワーをいただこう。
ところで、大根や白菜の出来は上々で、再々ブログでお伝えしているが、人参がやっと望む姿に育ってくれた。9月上旬に種蒔きし約4ヶ月、『時無五寸』時無しだから、いつでもいいのかもしれないが、今ごろ本来の五寸に育ったところを見ると今が【旬】なんだろう。

そのパワーを有りがたく頂くとしよう。

| tayo0826 | 家庭菜園 | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
調理士にチャレンジ!? えっ!ウソッだろー?
ある(私のブログ)読者から、『最近台所で活躍されている様子』とのメールをいただいた。
そうですよね、最近の記事から見ると【たこ焼き】、【高菜漬け】だとか【柚子茶】などの台所関係の話題が多いですよね。そう思われても仕方が無い。
実は、そうなんです。畑仕事に次いで台所仕事にも大いに興味を持って実際に取り組んでいるんですよ。
畑の材料をうまく使って調理する、この上ない贅沢じゃないですか。それも自分でやるとなればなおさら・・・。

もともと私自身アウトドア派で、東京勤務のころ、あのせせこましい社宅住まいから逃れたくて、春先から秋口まで子供たちを乗せてよくキャンプにいっていたもんです。秋川渓谷とか、河口湖、西湖とか。
楽しかったですねー。カレーが定番でしたが子供たちには結構好評でしたよ。

今はスローライフ、家内を先生に下ごしらえを手伝い調理を習っている(?)ところです。実は多少自慢させていただきますが、家内は、こと食事に関しては以前から手抜きをせず作ってくれています。今でも2週に一度料理教室に行っているぐらいですから・・・。
(こんな褒め言葉も今の時代いやな話題になっている”熟年離?”にならないためにも大事な要素ではないですかね? 内緒話ですよ。)

そんなこんなで、結構楽しんで調理をさせてもらっています。
因みに今日の晩御飯は、
 鯵の塩焼き、筑前煮、豚汁、赤貝ボイル、自家製べったら漬け
やたらと酒がすすむ、これも困ったものだ。

こうやって自分で下ごしらえ等を行うと、もっと野菜を大きめに切ったら良かったかななんて色々反省材料も出てきますよ。

もうしばらくで【お節】を作る日が来ます。早いものですね。
今まで娘たちが手伝っていましたが、今年は娘たちが嫁いで居ないんで私が出番ですかね。【お節】は各家庭の伝統を伝えていく、これが大事な気がします。我が家の味を届けてやることにしましょうか。そしてこの味を伝えてくれることを願って・・・。
| tayo0826 | 今日の出来事 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
畑作りに挑戦【作付計画】
来春に向けて作付計画を練っておく必要がある。
私の家庭菜園のバイブルは次の書だ。
  家の光協会 『金子さんちの有機家庭菜園』 金子美登 著¥1,575

上手く解説してある。計画を立てる上では連作を避け輪作すべきはだいたい知っていたが、具体的にどんな作物の連作がダメなのかは不詳だ。
この本でただいま勉強中。

 根菜類 → 果菜類 → 葉菜類 → 豆類 → 根菜に戻る

これが良いとのこと。幸い、畝は沢山ある。現在AからLまでの12畝、順次収穫しているため歯抜け状態だが、だいたい1〜2月で収穫を終える。
今、翌春に向けて植えているものはいちご、グリーンピース、スナックエンドウ、玉葱こんなものだ。さて、続いて何を植えようか。春から夏にかけての作付けが楽しみだ。

話題変わって、
最近、ご近所から良く色々なものをいただく。この間は牡蠣そして蛸(たこ焼きを書いたが・・・)今回は高菜(野菜)そして柚子を沢山もらった。
早速、高菜は漬物に、柚子は柚子茶に加工した。

・高菜漬け・・・半日干して、しんなりしたら塩を振って
 鷹の爪と唐辛子を挟み込んで漬ける。2〜3日したら食べごろだ。


・柚子茶・・・自家製の柚子茶、これも結構なものだ。
 種を取って細かく千切りにして氷砂糖で漬ける。2週間ほどで
 出来上がる。


どうです。達者なモンでしょう。

 
| tayo0826 | 家庭菜園 | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
『帰り花』そして『忘れ花』と言うらしい
近所で今頃桜の花が咲いているのを見た。
我が家の庭に銀木犀があるが、これまた今頃白い花をつけている。
この季節外れに咲く花を「帰り花」とか「忘れ花」と言うらしい。今日の日経新聞【春秋】で知った言葉だ。
【春秋】曰く、近年の暖冬や地球温暖化とは直接関係ないらしい。よかった。元禄時代から俳人たちが気にかけてきた現象で、初冬に好天が続けば、そこここ見つかるという。

 「かえり花旧き良き代をさながらに」 富安風生
 「うかうかと咲き出でしこの帰り花」 高浜虚子

こんな句、季語として使われていると・・・。

小春日和、これも季語だと思うが天気が良かったので年末の大仕事に懸かった。フローリングのワックス掛けだ。この仕事はこんな日を狙わないと出来ない。例年やりたくとも土日だけでは出来ない場合が多かった。
勇んでやりはじめたが、長年の汚れを落とすのに往生した。
今日の大仕事で年末の掃除は「終わり!!」と言いたいところ。
そうはいかんだろ、冷蔵庫に私のやるべきことがまだまだ沢山書いてある。
でも、スッキリした気分だ。

この気持ちいい姿をご覧あれ!

| tayo0826 | 今日の出来事 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
懐かしの【たこ焼き】
ご近所より『たこ』をいただいた。そう、あのたこ焼きのたこ。明石だったかな?たこ釣りに行った釣果のおすそ分けである。(へー、たこも釣れるんだ。私は蛸壺で取るのかと思っていた。)
釣りかー! 以前は子供とよく行ったものだ。あの大震災以降とんと行っていない。子供たちはおとなになったし、ひとりで行くしかないが今は気儘な身、うずうずしてきた。
暖かくなったら釣りも行動のひとつに加えよう。
小ぶりながらかなりの数のたこをいただいた。さてどう調理しようか。

『あっ!そうだ。たこ焼きだ!?』、そうなんです、関西では殆どの家庭に『たこ焼き器』があるはず。我が家もジャンボたこ焼き器があった。普通よりやや大きいたこ焼きが出来るやつだ。
家内と二人だけのたこ焼きだが、これもまた乙なものだろう。
本当に久しぶりだ。恐る恐る道具を取り出したが、むかし大分使っていたのだろう、油染みて黒光りして十分使える。早速、たこをボイルして夜に備える。
我が家のたこ焼きは、たこは勿論、他の具としてこんにゃく、紅生姜、天かすを加える。準備万端おもむろに焼きにかかる。最初は焼き器の鉄が馴染むまで上手くめくれないことがある。鉄を熱し、やや弱火で油を馴染ませ焼き始めたが意外と最初から上手く出来た。
その姿をご覧あれ!!

1.最初の焼き始め


2.どうです、美味しそうでしょう。


我が家ではソースではなく、出汁につけていただく。いわゆる明石焼きの方式だ。
焼きながら思い出したが、子供たちが居るころは焼き役専門で、ビール片手に焼くだけ。片っ端からさばけ、私の口に入るころにはビールで出来上がってしまい残りもわずか。こんな情景だった気がする。
「よしっ! 今度は孫に焼いて食わしたろ。」
孫が来た時のレパートリーに1枚レシピが加わった。

| tayo0826 | 料理に挑戦 | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
危機一髪!? やばかった!?
今日は17日、あと2週間で2006年も終わる。
今年は千両がぎょうさんの実をつけた。これだけあればひよどりたちが食べに来ても正月飾り分は残るだろう。

千両の実


タイトルの危機一髪の件だが、こうゆう出来事があった。

買い物に出かけ、終えて車に戻った時、前輪のタイヤにキラリと光るものを目にした。「あっ! ピンが刺さっている。やばいな!」
幸いまだ空気は大丈夫のようだ。直ぐ帰ろう。恐る恐る慎重に運転し帰宅。

画鋲とは違う、しっかりとした刺さり方だ。ペンチで抜こうとしたら『プシュー!!』、「わっ! 空気が漏れる。」すぐに止めた。
これはヤバイとタイヤ屋に電話、
車屋「乗ってこれそうですか。」
私 「途中で空気が抜けたらやばいけど、持って行くしかないよねー。」
車屋「今は出れないので・・・。」
私 「持っていくよ。」
意を決して、万一空気が抜けるかパンクしても直ぐ止まれるように慎重な運転で移動。たかだか10分ほどだが、この運転時間の長く感じたこと。
無事着いた。早速点検。

車屋「タイヤ、何年乗ってます?」
私 「買ってから変えてないから大方6年かな。」
車屋「だいたい4〜5年ですよ。ここヒビいってるでしょ。劣化してますね。」
私 「と言うことは全部変えたほうが良いということ?」
車屋「安全のためにはね。」
とうとう全部交換することにした。それから値段交渉、多少安くすることで決着。

タイヤ交換の待ち時間に、通り(国道)の車の流れを見ていたが、だいたい皆相当のスピードで走っている。
あのスピードでタイヤがパンクしたり外れたら・・・と考えたら恐ろしくなる。当然、皆自分は大丈夫と思って運転している。
このところ、大型トレーラーのタイヤが外れる事故が続いている。車社会は危険に満ちている。でも、車が無ければ困りものだ。

ちょっと自慢させていただくが、私は1962年に免許を取って44年間 全くの無事故無違反だ。表彰ものだ。でも、一度事故ればすべてがパーだ。
今回もあのピンに気付かなければヤバイことになっていたかも知れない。これからは、車で出掛けの事前チェック(空気圧その他)もやり、運転こそ慎重にやろうと心した。

最近、車中それも運転中の携帯電話姿がやたらと目に付く。
あれこそ注意力が散漫になり事故の元だ。絶対に止めよう。
| tayo0826 | 今日の出来事 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
オルセー美術館展とルミナリエ
今、神戸市立博物館でフランスの【オルセー美術館展】が開催されている。神戸開催が終わると来年東京に移動開催される。家内はついこの間フランスに行ってオルセー美術館に行っている。
月の第一土曜日は無料でその日に行けたと喜んでいた。フランスは粋なことをやるよね。それでもスケールがでかいからあまり混んではいなかったようだ。日本でそんなことをしたらその日は大混乱だ。
私自身、そんなに絵心があるわけではないが滅多に無い機会と思い、昨日(金曜日)出かけた。いつも言うことながらスローライフを楽しむ身でウィークデイの活用方法その1である。
ほどほどの混み具合で、じっくりと鑑賞させていただいた。やはり中高年の皆さんが殆どだよね。(どこでもそうなりそう。)

併せて今、神戸では【ルミナリエ】が催されている。
皆さん、ご存知の通り、阪神淡路大震災犠牲者の鎮魂と、復興・再生を願って大震災の起きた1995年12月に初めて開催され11回目を迎えている。
今の神戸の街自体は復興したと言って良いだろう。新たに神戸空港まで出来ている。
残念ながら我が家は外回りは直したが若干あの当時の傷跡が残っている。(内壁の亀裂等)
これもスローライフの中でDIY(Do it Yourself)していくつもりだ。ルミナリエについてはホームページで詳しく情報が得れるので、そちらを見て!

・とれとれのルミナリエです。


・毎年、違ったデザインだそうです。


・赤井秀和主演の映画『ありがとう』は大震災の映画のようだが、
 見たい気持ちもあるがあの時を強く思い出すので怖い気もする。

| tayo0826 | スローライフの特典 | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
畑作りに挑戦【正月菜が間に合わん】
今日は久しぶりに天気になった。このところ畑にも行けない状態が続いた。
畑の様子を2点。


1.玉葱は順調にいっている。(11月17日に100本植えた)

  たまねぎの右は人参。もう、15センチと食べごろになった。


2.正月の葉もの野菜に正月菜(小松菜の種類)を種から蒔いて
  期待したが、やはり気温が低いと思うように大きくならない。
  雑煮に入れるつもりが間に合わない。
  仕方ない、1月以降の葉ものが少ない時期に出来るからまあいいか。


こうなると春が待ち遠しいね。何を作ろうか、思案、思案。
| tayo0826 | 家庭菜園 | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
忘年会シーズン到来、でも私は1回のみ
昨晩は『同期の会』の忘年会、私にとって今年の忘年会はこの1回のみ。
会社から身を引いたからには当然ではあるが、ちょっと寂しい気もするが・・・。(別に、誘って!・・と言ってるわけじゃないですよ。)

先日のゴルフの集いに続いての集まりではあったが、ゴルフをしない諸君もいるのでまた別の楽しい気分に浸らせていただいた。

いつも言うことながら、この類の参集には幹事役が大きな役割を持つ。
ありがたいことに我々の仲間の幹事は信望も厚く、はまり役(ごめん、あまり適切な表現が見当たらなくて。)だ。だから40年を超えて長く続いている。
仲間も敬称なしの名前で呼び合える気さくな連中だ。

ここで【相田みつを】氏の詩(?)を思い出した。

         あの人
    あの人がゆくんじゃ
    わたしはゆかない
    あの人はゆくなら
    わたしもゆく
       あの人
       あの人
    わたしはどっちのあの人か?


ひょっとしたら、著作権法違反でひっかかるかな? 
どっちの”あの人”になりたいかは明らかなこと。もう一方の”あの人”にならないように勤めるとしよう。

私はリタイアさせてもらったが、ほとんどの諸君がまだまだ現役だ。
大体が第二の職場だ。独立独歩の人もいる。司法書士、議員秘書、会計士
と色々だ。
ひとつ紹介しよう。【電報屋のエクスメール】という会社(正に電報屋さん)を起こして頑張っている友がいる。
会社勤めのころは祝電、弔電等をお願いし重宝させてもらっていた。
要はNTTの電報より安くきれいに仕上げて届けてくれる。
もし、どんなんか見たいと思う人はリンクに登録しているのでまずはインターネットで覗いてみてください。
     http://www.exmail.co.jp

世の中、”団塊の世代”のリタイアの話が大きな話題になっているが、あまり良い方の話題にはなっていない気がする。私は団塊よりちょっと上の世代。
でも、いまの時代還暦を過ぎても皆元気だ。上手くその元気を世の中に反映できれば大きく作用すると思うが・・・。

| tayo0826 | 今日の出来事 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
さて亥年の年賀状は?
今日も雨、このところ天候が不順だ。でも年賀状作成の時期でもありもってこいの日和だ。
さて、亥年の年賀状はどうしようか。今年はサラリーマンを満了した年であり畑作りをテーマに取り組んだ。これが題材としては最適だろう。

この『孫と大根、どっちがでかい?』写真を使うことにした。


お世話になった方々、ご無沙汰している方々へ〈リタイア〉挨拶も兼ねて出そう。ただし、年賀も減らしていく方向であり、会社関係の方々には義理を欠くことになるが止めるつもり。

『お世話になった』で思い出したが、今年から生活のパターンが変わりラジオ、それも携帯ラジオに本当にお世話になった。
畑に行くにも、そして散歩にも欠かせないツールである。
朝日放送、毎日放送、NHKと色々聞いているが、どうも毎日放送が合いそうだ。朝の浜村淳さんから始まり河内家菊水丸さん、こんちゃん、野村さんとかなり親しくなった(耳にですよ!)。それにしてもラジオファンはかなり多い。各番組でクイズやらリクエスト、電話参加等呼びかけていて相当数の応募がある。『怒れるXXちゃん』とかで政治、世相の批判を大声でやったりしているが、「そう、そう!」なんて聞いてて感じる。それだけ社会に影響力があると思う。

こんなにラジオに親しんだのは田舎で生活していた幼少〜中学以来ではないかな。聞きながら他のことが出来るのが良い。
どうもテレビでは最近字幕スーパーが出ないと意味が分からないケースが多い。聞き取りづらいものが多い。
ラジオは本当に聞き取りやすい。話して聞かすのがラジオであるから、多分分かりやすく話すようにしているからだろう。『晴耕雨読、時々ゴルフ』と称しているが、最近は雨読ではなく『雨聴』かな。本を読まなくなっている。近くに市営図書館がある、復活利用させてもらおう。
| tayo0826 | 今日の出来事 | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
畑作りに挑戦【エコロジーに少しでも協力】
今日は寒い雨、『晴耕雨読』 これを地でいく身なれば今日は読書となるところだが、年の瀬でいろいろありそうだ。
奥さんがメモしている。
私の役割もそろそろ明確に示されるだろう。

先月末ごろから喪中挨拶状が数多く届いている。この年齢になると仕方の無いことだ。さて、年賀状の準備にかかろう。
独り言だが、「会社勤めを終えた身でありそちら方面の方々への年賀は控えさせていただこう。その方が先方様にとっても幸せだろう。」なんて・・・。

さて、先日こんなこともあった。
我が奥さんと一緒に『おフランス』に行った人が、「デジカメで撮った写真をカメラ屋に出したいが全部プリントを頼むともったいない。何とかならんかしら・・・。」
パソコンをお持ちなら、いとも簡単にビューできるが、そうは行かないらしい。
では、と言うことで2L版に20枚をまとめてインデックス風に仕上げてあげた。「へえーこんなことも出来るの」と感心いただいた。
本当に便利な世の中にはなったものだが・・・。

〔閑話休題〕
首題の【エコロジー・・・】の件、
野菜作りをやるようになって土作りの大切さを強く感じている。
家庭ででる生ゴミを自宅のコンポスト(堆肥作りのいれもの)に入れて泥と混ぜる。時間はかかるが堆肥にして畑に入れるようにしている。
我が奥さん曰く、「いままで大方、3分の2が生ゴミだったような感じ。ゴミを出す量が大幅に減った。」とのこと。
例年、正月の『お節』作りは年末30−31日で作る。そのころはゴミだしも終わっており、大量の生ゴミも年越しするのが通説らしい。今年はコンポストが控えており心強いとのこと。ここにもメリットあり。
今年はやり始めたばかりで堆肥も安く買い入れたものを使ったが、できれば自家で堆肥がつくれたらそれに越したことは無い。
それが本来の有機栽培だ。これもチャレンジだ。

だいたい、こんな写真を乗っけてもシャーないが、
なんでかブログも写真がないとちょっと寂しい。
と言うことで↓

庭の隅の【コンポスト】の勇姿(?)


| tayo0826 | 家庭菜園 | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
畑作りに挑戦【グリーンピース】
年末を控えカレンダーを頂いた。そのカレンダーで思い出したが、私はパソコンの壁紙に〔とっとり花回廊〕のカレンダー壁紙を使っている。毎月その時期の花をアップしてくれており、お気に入りだ。
今月はクリスマスの定番である《ポインセチア》、鮮やか。

花言葉は”聖なる願い”だそうだ。

一度〔とっとり花回廊〕のホームページを覗いて見てください。

さて、首題の【グリーンピース】だが、今年は苗を買う時期を失した。そこで種から植えることにしてやってみた。でも、地温が20度を下回るようだと芽吹くのが難しい、とインターネット栽培記事に書いてあり、急遽温室を作成。一晩水にかした種を育苗ポットに植えたところ2週間ほどかかったが芽吹いてくれた。

・急遽作成した簡易温室(縦180僉濂90僉澑行90僉
 棚を3段、ポトス等観葉植物も同居


・その中で芽吹いた【グリーンピース】


ここまでは良かったが、この時期(12月中旬)に果たして畑に移し変えて良いものだろうか。インターネットで検索してみると「12月下旬に移植して翌年の出来が今ひとつだった。」の栽培記録もあった。
よし、苗は沢山ある、一部移植してみよう。そして残りは来年まで温室で育て、来年3月頃に移植してみようと思う。

今日は小春日和の好日、畑にいると近所のご老人が声をかけてくれた。
「良く出来てますな。」  有りがたいお褒め。
「畑をやっとると何も考えんでもエエし、気持ちエエでしょう!」
ま、そうですよね。手間をかける、気持ちを込めて世話をすればそれなりに応えてくれる。畑仕事は楽しいものですよ。
| tayo0826 | 家庭菜園 | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
このアイデアに拍手【ATM強盗を撃退、盗んでも使えない】
今日の新聞のセブン銀行の宣伝を見ましたか?
まだ見ていない人はこのアドレスから覗いてみてください。

   http://www.sevenbank.co.jp/site/info20061208.html

ジャストアイデアですよね。久々に「やるじゃない!!」の賞賛を送りたくなるような出来事が載っていますよ。

最近、コンビニに銀行ATMが設置され、我々にとっては緊急の金要りのときに心強いのは有りがたいが、あの脆弱な壁の裏側にATMがあるかと思うと不安な気もしますよね。それと、店員さんは怖くないのかななんて思ってしまいます。

でも、この件でズッとコンビニ強盗の類も減ってくるのではないかな。
年末を控え、慌しくなってくるが事件に遭遇するのは真っ平ごめんですよね。

もうひとつ、今日は『町内会クリーン作戦』に刈り出された。
公園近辺の大掃除だ。公園横道路周辺はススキ、つた、雑草が生い茂りその中にボトル、缶などゴミが多数放り込まれている。
これを清掃するのはたいへんな労力を要する。今回はその清掃内容と男性の参加要請が事前にあったので、フリーの身なら出なくては、と思っていたもの。
鎌で刈り込みゴミを撤去、スッキリした。こうすればちょっとボトル等を放り込むには気が引けるのではないだろうか。
同じ町内でも中々顔を合わせる機会が少ない昨今、こんなボランティア参加は交流に大切なことだと思う。

ついでにもう一つ、畑の様子を載せます。
1.いちごの苗に早くも白い花が咲いた。寒さに向かう中、早いような
  気がする。インターネットで調べてみよう。


2.レタスが大きくなってきた。
  赤いのはサニーレタス


3.畑の隅にキウイの木が植わっている。摘果されていなかったので
  小ぶりな実ではあるが熟成さすととても美味い。
  葉が落ちてもまだ未収穫の実が仰山残っている。
| tayo0826 | 今日の出来事 | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
同期の会ゴルフコンペに参加して
天気は危うい状況ではあったが、幸い雨に降られること無く終えることが出来た。どうも大阪の方は一日中雨模様だったらしいが兵庫(西脇)方面は無事だった。ついている。
この催しは年4回(3,6,9,12月)だいたい開催されている。同期でこんなに続いているのは珍しいことだと思う。

こういった同期の集いは、まずその世話役が居なければ出来ない。
永久幹事役の富さんに感謝!!
そして気さくな仲間でないと長続きしない。
それにしても40年を過ぎても集まれる仲間がいるのは有り難い事だ。
私はちょっと早めにリタイアさせていただいたが、大半の皆さんはまだ現役だ。
2007年問題と言われるように、雰囲気として感じるのは来年度以降はどんどんリタイアが出てくるんではないかな。
まだ現役が多いうちは土日の設定しか出来ないが、逆になれば平日のコンペになるだろう。

残念なことに久々の参加の中で訃報をも耳にした。時には妻女の訃報を聞くこともある。そんな年齢になってきているのも事実だ。こうやって元気にゴルフが楽しめることに本当に感謝する。
(なにに感謝するって? そりゃ、家族そして周りの皆さん、あらゆる方面に感謝ですよ。)
因みに今日の成績は2アンダーの2位(HDCPは内緒)
3パットが5回と苦しんだがバーディー2回、パー2回と全体的には纏まったゴルフで結果として元が取れた。
(元が取れた? 何のこと!  それは言えません。)ゴルフ拍手
| tayo0826 | 今日の出来事 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
腐らない?リンゴを作る男
昨日のNHK22:00からのプロフェッショナルという番組で『腐らない?奇跡と呼ばれるりんごを作る男』を見た。
もともとは青森のありきたりのリンゴ農家の男が、農薬を浴びて自らの体、そして奥さんの体をやられて無農薬でりんご栽培を決意する。死んでしまおうと思うほどの無収入の8年間、苦労して無農薬でりんごの木を守り育て、干からびることはあっても腐らないリンゴに行き着く成功の物語であったが、何が良かったのか、最後は土と害虫、益虫のバランスにあると言う。

私も有機栽培(無農薬)で作物を作る難しさはこの4ヶ月間の畑仕事でも大いに味わった。
9月から畑を始めたが、気温が高く天候が良ければ野菜は元気良く育つ。ところが虫たちも元気だ。結局、無農薬でやろうとしてもあんなに虫に食われるのでは悔しくて、一部オルトランなどの農薬を一部使ってしまった。
当然、収穫の何日前という記入された期限までの使用ではあったが・・・。

それと多く作っても、そんなに一遍には消化しきれない。分けて種を播くことも大切なポイントだ。
時期によるが、例えば9月初めに種を播いたら、次は1ヶ月開けた10月初旬、次は2週間置いた10月中旬、と言った寒くなるに向けて期間を短くして種を播く。これが長期間の収穫のこつだ。
これを白菜、大根についてはやったため、最初は虫食いで困ったが、寒くなるに従って虫も治まり後半のものは無農薬でも順調に育ってくれた。

幸い100坪の農地が借りれたためこれが出来たが、そうでない場合は農薬の世話にならざるを得ないだろうし、連作(同じ場所に続けて作ると不出来になる作物が多い。)せざるを得ないケースがあるだろう。うまく輪作できれば良いが・・・。

さて、今年は概ね半有機栽培で出来たが、来年の春はどうなるやら。有機栽培の経験者の知恵(もっぱらインターネットおよび本から)を借り勉強してやってみよう。

もうひとつ、日経新聞に私のようなリタイア農業を始めた人のアイデアが載っていたが【ブログに作物の植え付け状況、出来具合等を書いておく。そうすると翌年になって前年の同時期のブログを見て参考にする。】なるほど、これはグッドアイデアだな。
私も【爺バカ日記】と合わせて【畑作りに挑戦】シリーズを活用させていただこうと思う。

【爺バカちゃんりん】の写真を一つ。


2才のおにいちゃんが寝ている妹をあやしている。
ところが、時に鼻に指を入れたりして「ギャー」
油断が出来ない。


| tayo0826 | 家庭菜園 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
特製(?)餃子のできあがり!!
今日の出来事。
朝、娘から電話「ちょっと頭が痛くて・・・、お母さん助けてくれないかな。」孫ふたりの面倒見やらなんかでちょっと疲れが出たみたいだ。
妻「ちょっと様子を見てきます。」それは良いが晩飯はどうなるんだ。
妻「今日は餃子を予定していたんですが・・・。」
私「よし、わしが作ろう。」と言うことになった。
食材は我が家自慢の白菜、ニラはふんだんに有る。あとは玉葱、生姜、にんにく、豚肉これさえあれば大丈夫。我が家は3人の大の男が食するため量は半端じゃない。餃子皮30枚×3袋=90個を準備。妻に材料の分量は見てもらったがあとは私がやるしかない。
幸いに今日は雨、読書の後に取り組むにはもってこいの日だ。
夕方4時、よし、懸かろう。

まず、白菜をフードプロセッサーにかけ、それをボールに入れ塩をふって水出しをする。玉葱、にら、豚肉、ニンニク、生姜をそれぞれフードプロセッサーでみじんにする。水をある程度絞った水出し白菜とその他の材料を混ぜ合わす。醤油、砂糖、胡麻油、酒を加え練る。
これは餃子皮の袋に書いてある。その通りにすれば良い。つなぎに片栗粉を多少加えた。これは書いてなかったが・・・。
あとは皮に詰めて焼くだけ。
我が家特製の両面焼き餃子の出来上がり!!!


勿論、この一品じゃーものたりん。妻がご帰還、もやし炒め、中華スープをちゃちゃっと作ってくれた。さすが長年の主婦業、手際はあざやか。
自分で作って言うのもなんだが・・・、紹興酒をちびりちびりでいただいた餃子は格別の味だった。

もう一つ付け加えて言ってしまいましょう。
実は、リタイアしてやりたかったものの一つに『料理』がある。
今、家では家内を先生に少しずつではあるがやり始めた。人には見せられない姿だが私用のエプロンまで準備してある。
まずは下拵えと片付けからが私の持分、暇を見て取り組んでいる。どっちが先に逝くかは分からない、が
何があるか分からない世代になった。ひとりでやっていけるように準備するのも大事なことだろう。
もともとアウトドア派である。キャンプで簡単な手料理はやっていた。
いい加減ではなく、しっかりとした調理をやってみたいと思っている。
| tayo0826 | 料理に挑戦 | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
トイレの太陽政策 ?
やはり12月だ。本格的に寒さがやってきている。


この時期はやっぱり『鍋』だよね。幸いにも大根、白菜、ねぎが我が畑で上出来で、毎日とはいかないまでも頻繁に鍋をする機会が増えている。
今日も近所からのご所望で大根、白菜、水菜を収穫、お分けした。でもこの寒い時期の畑仕事もややつらいものがある。特にトイレだ。冷える関係からやたらと尿意をもよおす。畑の肥やしにと思い・・・。
閑話休題。

今のトイレの話から先日こんな記事を目にしたのを思い出した。

トイレの太陽政策
いつもきれいにご使用ありがとうございます。
あるJRの駅のトイレにこんな文面の張り紙が有るそうだ。使う前から感謝されてしまったら、汚さないように気を使わざるをえない。
よくあるのは「もう一歩前に」とか「汚さないでください」、命令口調か哀願調が一般的だが、感謝型にしたのはJR内できれいな駅をめざすキャンペーンがあり、構内で一番汚れるトイレから手をつけた。こまめに清掃するがやはり汚れる。「お客様に依頼するより、まず感謝するのがスジだろうと考え直し今の感謝型張り紙に変えた。」とのこと。
その結果、便器にタバコやガムを捨てる人がグッと減る効果が出てきたそうである。フランスの寓話に「太陽と北風」の話があるが(旅人の外套をどちらが先に脱がせるかの話)徳は力にまさる、だ。

いま、学校での陰湿ないじめ等の問題があるが、ただ単にダメだしをするのではなく、視点、目線を変えて見る必要がありそうだ。
| tayo0826 | 今日の出来事 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
家内が無事フランスより帰還
今日、家内が無事フランスツアーより帰還した。
親しき友と3人でのツアー参加で、3人という中途半端な参加のためエキストラベッドを入れるどうのこうのとややこしいい問題もあったようだが、楽しく過ごせたようでご機嫌麗しくご帰還されました。何よりです。

1.このツアーの面々です。おフランスに行っていた証しのエッフェル塔、
  さて家内はどこにいるのでしょう?


2.かの有名なモンサンミッシェル、世界遺産ですが、近年橋をかけて、この道路は昔通りにするため無くなるのではないかと言われています。


3.パリのシャンゼリゼ通り、まさにクリスマスの前か、若者と浮かれた様子。さて、ご機嫌な彼女はどこにいるのでしょうか?


気楽に海外に出かけられるようになって本当に日本は幸せな国になったような感じだ。でも、国内と違って海外は我々の常識と大きく隔たる状況も多々感じる点も有る。テロ、クーデターを始め治安の問題は常に付き纏う。でも宝くじや災害に遭遇するリスクと同じで行かなければ感動も味わえない、そんなものだろう。

さて、日本も本格的な冬の到来、北海道も暖冬と危ぶまれていたが雪になり、スキーシーズンに入ったとのこと。TVでスキーもかつてのブーム時代の経験者が成長し復活の兆しがあると報じていた。
そう言えば私もかつてはスキーに明け暮れていた時代があった。もう一つ前のブーム世代だろうけど。
込み合う週末を避けて平日に行ける身分になった。よしっ!再びスキーにチャレンジしてみようかな。TVでも宣伝していたがカービングスキーとか言っていたが道具もかなり進歩してきているようだ。かつては函館山、比良山、神鍋、蓬莱山でならした身も40年前のこと、腹筋の衰えた身でも何とかなりそうだ。うずうずしてきた。

妻は妻、私は私、このお互いを尊重し合う(?)過ごし方もこれからの人生にとって大事ではないだろうか。
まず、奥様の無事のご帰還に乾杯!!!

| tayo0826 | 旅行(海外編) | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
食育の大切さを改めて感じた
今日は娘に頼まれて2番目の孫の1ヶ月健診のお付き合いをした。
娘の旦那はサラリーマンであり、なかなか平日は休めない。私の場合だってかってはとてもとても子供の健診のため休むなんて出来ない相談だった。今私は時間的にはどうとでもなる身で、手助けならやってやれる。
「奥さん(私の妻)はどうした」と言われそうだが妻は骨休みに海外に行っている。4人の子供を成人させ、孫の生まれる前後の『大はたらき』をしたんだから・・・。

娘も2歳の子と生まれたばかりの子、ふたりを今のところ上手く育てている。
贔屓目に見ているとは思うが、あの娘(こ)はがんばっているな!と感じる。一週間ぶりに孫(今回生まれた孫)を見たが整った顔立ちになってきた。【じじ馬鹿ちゃんりん】(生まれて間が無いためフラッシュ撮影ができない、2番目の孫の笑顔は当分お預けだ。)

さて、『食育』の話だが、娘が頑張っている姿を見て、昔子供4人を食わすために阪急庄内の[豊南市場]に買出しに行ったことを思い出した。
少しでも安くかつ多い食材を求めて、だいたい月2回は行っていたような気がする。当時は6人家族で1ボックスカーでしか全員が乗れず、その車に半端じゃない量の食料品を買出しに行っていたものだ。
食材をあさる家内の手際よさに感心もしたし、トロ箱いっぱいの魚を調理する姿にも感心したことを思い出した。
私は運び屋に過ぎなかったが、買出しから帰った時の子供たちのあの笑顔も楽しい想い出だ。
食わすことに『手抜きをしない』、これは大切なことだと思う。
お陰で4人とも今のところ大病もせず順調に成人してくれた。
娘ふたりもそれを上手く受け継いでくれていると思う。娘たちだけでなく息子ふたりも台所に立つことを厭わず、それなりに自分で調理することぐらいは十分できる。ありがたいことだ。
食育の大切さを痛感するこのごろである。なにか自慢話になってしまったが、事実そうであるからお許しあれ。

これからは極力有機栽培の食材を作り、支援できればと思っている。

1.セロリまで作ってみた。
  茎の部分を軟白(白っぽく長く)にするために新聞等を巻くことを
  しってましたか。



2.とれとれの航太君です。(本日の笑顔です)
  我が一族の【びりけん】さんです。よろしく。

| tayo0826 | 家庭菜園 | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
たかがゴルフ、されどゴルフ
今日は、ホームコースでの月例杯(Cクラス)参加。
何とかスコアはギリギリ2桁台には収まったが、まったくへぼいゴルフをしているものだ。クラス分けは以下の通り。
Aクラス HDCP15まで
Bクラス   ” 22まで
Cクラス   ” 23〜 つまり一番ヘボのクラスだ。

早くBクラスに行きたいものと意気込んではいるが、一向に進歩していない。(HD24の身)

PCで一応スコア管理みたいなことをやっているが、今年の平均スコアは今日までで99.7 パッティング37.2 平均が1ホール2パット以上ではスコアメークできない。
パッティングだけではない、課題は多い。
『たかがゴルフ、されどゴルフ』アンチエイジングのためにも精進、精進。

ところで、昨日書いたアンダーウェア【ブレスサーモ】だが、薄手で多少締め付ける感じで体を動かすにはいい感じ。ただし、そんなに暖かい感じではなかったが・・・。別にミズノさんに文句を言うつもりは無い。
防寒対策の右手グラブは出だしのころは、かじかむ手をカバーしてくれOKと思ったが、ティーが取り出しにくい、ボールマークが上手く掴めないと難儀したため3ホール目から外してしまった。
考えと実践では違いがでる。稀に思い通りに行くときもある。
常に学習だ。

もうひとつ。
今、合間を見て進めているものに過去のネガフィルムのPCへのスキャンニングがある。
今は全員が成人しているが、子供たちの成長記録としてかなりの写真は撮った。すべて残してあると思っていたが、スキャンをしているうちにどうも一部欠けているのが分かってきた。東京勤務以前の古い部分が出てこない。転勤移動のうちにどこかに仕舞いこんだかどうだか、一区切りついたら家捜ししてみよう。

フィルム一本ごとにフォルダーに入れ、あとで年代を特定して時期をフォルダー名にする作業だ。手間と時間を要するが懐かしい写真を取り込みながらの作業であり楽しいひと時だ。
それをどうするかって! 当然CDかDVDに焼いて保存するのと、TVまたはPCでスライドショーにして皆が来たときに見せるようにしようと思っている。
リタイアしたらやろうとしていたことの一つが徐々に片付いてきている。
| tayo0826 | 今日の出来事 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
久しぶりに都会の空気を吸いに出かけた。
畑仕事だけにいそしんでいる訳ではないが、電車に乗って出かけること自体本当に久しぶりな感じだ。
ついつい懐かしい感情にひたり、携帯のカメラで撮ったもの3点。

1.御堂筋の銀杏(いちょう)
  風がややきつかったから落ち葉の舞い落ちる量が半端でなく
  歩く人々から歓声が上がるほどの木の葉舞だ。


2.堂島川の橋(何橋かは分からない)から川下を見た風景。
  大阪の町も大分大型ビルが林立してきて変わってきている。


3.そして懐かしい中央公会堂。これは保存する価値がある。
  でも、まだ現役で使われている様子だ。


何をしに大阪まで?
勿論、都会の雰囲気を久しぶりに味わいになんてもんじゃない。
スポーツ用品のミズノからフェアの案内が来ており、今はやりの”ブレスサーモ”なるものが如何なるものか、あわせてゴルフ用の右手袋を仕入れに・・・。
いずれもゴルフの防寒対策が狙い。(こんな寒い中でやる必要も無いだろうですって)

もう一つの目的はかの有名な駅前第四ビル前のジャンボ宝くじ売り場。
今までかなり投資しているが全く回収できていない。でも買わなきゃ当たらんからね。さすが土曜日とあって行列、行列、強烈。

・(ブレスサーモ)アンダーシャツとパッチみたいなズボン下に履くものを買って帰って試着したが、殆どがナイロンとポリエステルの素材であり、暖かいよりもヒンヤリする感じ。まあ、明日のゴルフでどう感じるかだ。
ついでにひじのサポーターを買った。昨日、病院での採血検査結果を聞いたが、幸いにリュウマチの気は無いようだ。良かった。でも、この指先のしびれはなんなんだろう。医者曰く、「血行障害のようだ、薬を出しますか?
ま、寒くなってきた関係ですよ、温シップなんかしておいたら自然に治りますよ。」なんて気楽に言われてしまった。
元来、薬は好きではない。要らん! と言い切ってしまった。だから暖める下着、右手袋、サポーターで防寒だ。
医者の一言が効いた、『歳の加減もありますよ。』

クソッ!! アンチエイジングだ、頑張ろう・・・。
| tayo0826 | スローライフの特典 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
タイガース井川がヤンキースに!
井川がヤンキースに!!

今年は2006年(H18年)その年もやがて暮れようとしている。
何かもったいぶった言い方だが、今までのペナントシーズンが終わったころの雰囲気と思惑がずいぶん変わってきている。以前はストーブリーグなんていってませんでしたか?

松坂がレッドソックスへ60億で移籍、岩村が・・・、そして井川が30億でヤンキースに。みなさんそれなりに受け止めていると思うが、今年リタイアしたわたしには考える余裕が出てきたのか色々と考えてしまう。
本当に10年スパンで世の中は大きく変わってきていると感じる。

★まず野球。野茂がドジャースに行ったのは1995年、11年前。目覚しい活躍を初年度から果たし日本人として誇りに感じたものだ。それ以前に村上とかあまり日本で活躍していなかった人が目立ったこともあったが、やはり野茂が先駆者だ。
あれから10年を超えてイチロー、松井、田口、井口、[新庄も居たな]その他(もっと沢山いると思うがごめんなさい)。そして松坂、井川に至る。
MLB(メジャーリーグ)そのものが変わってきているのだろう。
それとも日本からの応援組〔観光兼〕を当てにしているのかな(そんなことはない、ごめん)。

野球そのものはMLBの活躍報道も含め勢いを増していく感じがしている。今日の日経新聞に早くも2006年ヒット商品番付が載っていたが、東前頭筆頭に高校野球があった。早実、駒大苫小牧の件が盛り上げて要因ではあるが、私が今年甲子園に通い詰めて感じたのは、私のような時間に余裕の出た中高年が大きくバックアップしていく気がする。
高校野球をはじめ野球は中高年、特に団塊の世代は熱く感じるスポーツだと思う。我々の幼いころは野球しかなかった。


★次に大相撲。こちらは逆に外人が占拠してしまいそうな勢いで侵食されている感じ。こちらはまず、小錦、曙、武蔵丸といった図体・体力に勝るアメリカ(ハワイ)勢から今はモンゴル、グルジアとか旧ロシア系の勢力に押されている。ニュースを見ていて先般の九州場所では幕内の勝負でも観客席が閑散とした感じだったが、果たして今後どうゆう展開になっていくのか。
確かに、昔みたいに小学校ごろから素養のある子供を引き抜いて仕込むなんてことは出来ないし、今頃の飽食でひもじい思いをしたことのない世代ではいくら素質があっても長続きしないだろうな・・・、何て思ってしまう。
ハングリーでないと相撲は長続きしないだろう。
日本人相撲取りに精神的なハングリーを植えつけるには・・・、大きな課題だろうな。大学相撲が決め手? なんちゃって。


★サッカーは?。
最近、サッカーに疎遠になってしまった。あまりにも球団(?、チーム)が増えてもうひとつ身近に感じなくなってしまった。でも、幼い子供たちは野球よりサッカーの方が球技としてやりやすいのだろう。(場所の問題)
でも、最初に言った通り、おじさんたちには疎遠になった感じ。
結構、若い人々には盛り上がる要素があるようだがサッカーくじにも現れている通り、もう少しチームを絞り込んだほうがいいのではないだろうか。
(わけも分からず不届き物め!のお叱りを受けそう。)

雑感でした。
| tayo0826 | 今日の出来事 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) |


SELECTED ENTRIES
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2006 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS