たよさん日記

たよじいさんのスローライフ
菜園を中心に日ごろの出来事を
気儘に!
新名神宝塚北SA
今月18日に新名神高速道路 高槻←→神戸 が開通した。神戸ジャンクション付近の新設橋脚が落下して死者も出た事故で約1年ほど開通が遅れたことは皆さんご存知の通り。
これで我が家の下を走っている中国道の渋滞がかなり緩和されるだろう。
とは言っても我が家は渋滞個所の宝塚東トンネルは通ることはないので関係はないが・・・。
新しく開通した高速途中に『宝塚北SA』がオープンし、大いに賑わっていると報道されていた。ウェルカムゲートが有って、高速を利用しない車もサービスエリアを利用できるとあったので早速今日行ってみた。

新名神宝塚北SA1

新名神宝塚北SA2

本当に広い。ちょっと見、『アウトレットモール』のような外観で変わっているのは高速の上り下りが一体となっていること。
駐車ゾーンは上り下り別にはなっているがSAは1カ所でしかも写真の通り広大な施設になっている。それにしてもウィークデーの昼間に「何で」と思うほどのたくさんの人。そうか春休みに入っているのか。
フードコートは相当広いがそれでも長い行列、SAと言えば簡単な食事、トイレ休憩程度と思っていたが正にショッピングモールの様相だ。

それからこのSAは、我々近隣の住民にとって有難いのはスマートICになっていてETCが搭載されていれば高速にこのSAから乗り入れ、あるいは高速から出ることができる点だ。

このSAが出来たおかげで子や孫たちも帰ってくるときに高速道の選択肢が増えて助かるだろう。
| tayo0826 | 今日の出来事 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
伊勢神宮参拝
本当に昨年末ごろから今春にかけて寒い日が多かった。電気、ガスなどの暖房費が例年よりずっと嵩んだのもそれを表している。
3月に入ればマシになるだろうと思い、2月のうちにホテルの予約を入れ『伊勢神宮参拝と志摩』の旅に出かけてきた。
数日前、暖かい日があったが参拝の日は思いのほか寒い日になってしまった。でも随分とましだ。

伊勢神宮

今の時期は外国の方々も少なく、穏やかな雰囲気の中お参りすることができ幸いだった。丁度、卒業式を終えたばかりの高校生なのか、若者集団がかなり見受けられた。

夫婦岩

そうです。二見浦の夫婦岩も間近に見れました。

オーシャンビューが売りのホテルだった。残念ながら曇りで沈む夕日は見ることが叶わなかったがプライベートビーチもある景観はさすがに良かった。

『観光立国』を目指す我が国の政策も結構だが、我々年配者身は静かな穏やかな時間が持てることがなによりだ。
敢えて春節の終わったこの頃を選んだのもそのことがあったから・・・。

さて、次は何処にいこうかな。
| tayo0826 | 旅行(国内編) | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブラタモリ宝塚
昨日の夕食時に家内が「今日のブラタモリは『宝塚』だね」 私「えっ!そりゃ見ないと!!」で、日々の散歩で何気なく歩いている花のみちや小濱宿等が出ていて親近感を持って楽しめた。

昨日のブログ『1.17』に続いての宝塚編を書かせてもらう。
ブラタモリの中に宝塚大劇場が当然写っていたが、その入り口右側で大掛かりな工事をやっているのがちょっとだけ見えた。その工事現場の最新映像ががこれです。
宝塚ホテル建設工事

これは現在、阪急宝塚線の宝塚南口にある宝塚ホテルが老朽化して新しく大劇場の横に建設されるらしい。
今、盛んに掘り起こして整地作業をやっている。よく見かける重機の4〜5倍、いやそれ以上のどでかい重機が動き回っているが、そのさらっているものの中に半端じゃない鉄管や鉄筋が大量に積まれている。
もともと駐車場だった場所になんであんなおおきな鉄管やら構造物が埋まっていたのか?と眺めて疑問符を持ったが、ブラタモリで初期の大劇場や温泉施設の写真を見て納得。
以前のものが埋め込まれていたんだ。

たまたま孫の見せるために撮った昨日の写真(重機の)が孫に見せる前にご披露できるとは。
写真でもわかる通り、武庫川の周辺はマンションだらけ。大震災の前とは打って変わった風営になったが、ここにまた大きなホテルができて自然が見ずらくなるのもちょっと寂しい感じもするが・・・・。

連チャンでの宝塚のご紹介でした。チャン!チャン!
| tayo0826 | スローライフの特典 | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
『1.17』の記憶
間もなくあの『1.17』がやってくる。そう、あの阪神淡路大震災の日だ。
今年であれから23年、本当に早いものだ。道理で私も歳をとる筈だな。
年が明けてこの時期になると色々とあの大震災のドキュメンタリーなどが放映され、当時のことを思い出す。
凍てつく寒さ
散歩の途中、北側のり面はこんなつららができていた。
あの日もこんな寒さだった。我が家も半壊状態だったが、全員無事だったので息子の原チャリで震えながら大阪まで走ったこと。電車は泊まっている。でもどうしても行かなくてはならない特別の日だった。その後、友人の倒壊家屋を片付けに行ったこと。大学卒業間近で就職の決まっていた息子は、あの後ボランティアで数か月帰ってこなかったこと。などなど多くのことを思い出す。

今日は、いつもの散歩で『1.17』に関連する場所を思い出し、足を運んでみた。「生」石組み
有りました!!  あの『生』の石組み。分かりますか。
「なま」ではなく「生きる」の意味。
「生」石組み2
こっちの方がはっきり見えるかな?
「生」モニュメント
この『生』のモニュメントも石組みの近くに立っています。

この『生』の石組みは有川 浩さんの『阪急電車』(映画化のされた)の本の中にも出てくる。この本は大震災の後の出版かどうかは分からないが、今もこの石組みの辺りで1.17当日には追悼式が行われる。

あの後も東日本大震災を初め各所で大災害が起こっている。その都度、たくさんの悲惨な出来事、つらい出来事が当然各所で起こっている。
できれば私の生きているうちにはこんな悲惨なことには遭遇したくはないが、こればかりは「天のみぞ知る」だな。

合掌
| tayo0826 | 今日の出来事 | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
明けましておめでとう 2018
元旦の中山寺

明けましておめでとうございます

お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます
『一年の速さは年齢分の一』とよく言われますが、まさにそれを強く感じる
この頃であります。
一方、IT、AI、スマホ他世の中の進み具合も凄まじく、なかなかついていくのが
大変ですが、体力・知力の維持に努めて「じいちゃん頑張ってるやん!」と孫たちに言われるよう、ひと踏ん張りしようと思っております。

上の写真は2018年元旦の宝塚・中山寺の初詣風景です。
例年、近くの皇大神宮そして清荒神、中山寺と歩いて初詣するのが家内との
恒例行事となっています。

お陰様で家内共々無事にお参りができることに感謝!感謝!!です。

当ブログも随分とご無沙汰してしまいました。
「何かあったのか?」とお叱りを受けると思います(そんなことはないか)が、
無事には過ごしておりました。ただサボっていただけであります。

ありきたりの日々で飽きてきたのかな?
いや、その『ありきたり』が有難いことで感謝すべきでは!
と思い直し再開することにしました。

また、よろしくお付き合いのほどお願いいたします。
| tayo0826 | 今日の出来事 | 17:42 | comments(2) | trackbacks(0) |


SELECTED ENTRIES
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS