たよさん日記

たよじいさんのスローライフ
菜園を中心に日ごろの出来事を
気儘に!
早実・斉藤佑樹フィーバーは如何なるものか
8月20日・21日の駒大苫小牧:早稲田実業の決勝戦を両日甲子園で観戦したことは以前に書いた。
生の試合を観戦でき、各方面で報じられている通り、本当に大きな感動を与えてくれた。でも、ちょっと異常な騒ぎになってはいないだろうか。
高校野球の純真さ、スピード感、躍動する若さ、それらに感動する以上の異常なまでもの騒動になっている。
斉藤君も「・・・普通の生活がおくれたら・・・。」と言っていたが、そうだと思う。一時の韓流ブームで『ヨンさま』とか何とか おばさんたちがのぼせていたが、それに類する雰囲気だ。

今日のスポーツ紙のニュースから一つ。
佑ちゃんガックリ ゴジラに会えない・・・
米国に遠征する日本航行野球選抜は、米国入りする29日に予定していたヤンキース:タイガース戦の観戦の中止を決めた。ヤ軍への取材要請が殺到しており、先方への迷惑に配慮して自粛。松井秀喜選手との対面も消滅した。社会現象となった斉藤佑樹投手の人気が思わぬあだとなった。

ハンカチ屋の社長も取材攻勢を受けているとか。

『社会現象』かあー。。。 最近、いやな事件が多すぎる日本の『社会現象』の中において一服の清涼剤的な社会現象は歓迎するとしても、ちょっとマスコミも騒ぎすぎですよね。そう思いませんか。

em>

これで良いのか 日本!!

写真は私の目の前を優勝行進する早稲田実業の選手諸君
| tayo0826 | スローライフの特典 | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006夏・栄冠は君に輝く・続き
H18.8.21(月)

2006夏の栄冠は早稲田実業の頭上に輝きました。

昨日に続いて甲子園に行って来ました。
昨日はレフト側(早稲田実業側)で観戦、今日は反対のライト側(駒大苫小牧側)。今日は盆明けでもあるし、多少は空いているだろう・・・。
なんてとんでもない、今年の大会はやはり相当の盛り上がりを見せた通り前日に続いて超満員。50CCのバイクで駆けつけた時間は11:52分、ギリギリ間に合ったといった感じ。
再試合の結果は私が「何をか況や」で皆さんとくとご承知ですね。
レフト、ライト側の双方で観戦したが、周りの雰囲気もどちらを贔屓にするといった感じよりも、選手たちの一挙手一投足に注目し、感嘆し、拍手する『さわやか野球』にひき付けられた観戦振りだった。

最近、野球留学とか、出場辞退事件とか色々言われることもあるだろうけど、とは言えそう簡単には甲子園に出ることは叶うはずが無い。素質に加え努力と精神的にもタフさを持ち合わせていないとここまでやれないと思う。彼らの努力に敬意を表する。

【甲子園での観戦】
 8月6日・開幕戦の大阪桐蔭:横浜を観戦、
 8月20日・21日の決勝戦を見、高校野球を堪能させていただいた。
有り難い、ありがたい。

それにしても、彼等は平成生まれなんだね。
私も年を取ったもんだ。
 スコアボードは早実・斉藤佑樹君の優勝インタビュー



| tayo0826 | スローライフの特典 | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006夏・栄冠は君に輝く
H18.8.20(日)

  雲は湧き 光あふれて
  天高く 純白の球 今日ぞ飛ぶ
  若人よ いざ まなじりは歓呼に答え
  いさぎよし 微笑む希望
  ああ 栄冠は君に輝く


そうです。甲子園で聞くこの高校野球大会の歌は、いつ聴いても
ジーンときます。

そうなんですよ。よく聞いてくれましたね。決勝戦観戦に甲子園に行ってきました。
どちらを応援するなんて言える状況ではないですよね。どちらも優勝させたい・・・、そんな気持ちでしたが、早く座る席を確保しないとこちらがやばいことになる、とレフト側(早稲田実業)入り何とか1席確保。13時から始まるのに私が着いた11:30には外野も満席、一人で行って正解。とても2席以上を確保するのは無理な様相でした。
結果はご承知の通り、歴史に残る名勝負で決着は持ち越し。
よーし、明日も絶対見に行こう。

それにしても大きな感動を与えてくれますよ、高校野球は!!
あんな状況の中で、あれだけの力と力のぶつけ合いができ、疲れた表情を見せない選手たちはどんな鍛錬をしてきているのか。

確かに昔から甲子園大会は色々な感動の場面を与えてくれたが、今日の駒大苫小牧と早稲田実業の試合は過去の高校生とは若干違う大人びた、精神面でも鍛えぬいた面を見せてくれたような気がしたが。。。。

明日はどんな展開を見せてくれるか、楽しみだ。
さて、どちら側で見ようかな。
(サンデー毎日【毎日日曜】の役得です。)
じゃー、また。

| tayo0826 | スローライフの特典 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
終戦記念日に思う
H18.8.15(火)
61回目の終戦記念日、【あの日】も今日のような炎暑だったと聞いている。
私は【あの日】の11日後にこの世に生を享けた。れっきとした【戦後】生まれである。(それが何だというんだ。)
母が生前に言っていたことを思い出す。『暑いさなか、しかも灯火管制で押入れで産むか真っ暗な部屋で産まなきゃならんと思っていた。』と。。。
この日8.15の大きな話題は『小泉さんが靖国神社を参拝した』ことで持ちきりの賑わいである。この話については私は何とも言えない。しかし、大方の日本人は先日の高野山に参った件でも触れたが、亡くなった方については敵であれ味方であれ御仏に導かれて往生するものとする大きな考えが根底に有るような気がするが・・・。
ともかく、平和の大切さをもっと大事にしていかなくては、と思う次第だ。

しかし、本当に暑い。
この中、高校球児たちはよくもあんだけやれるものだと感心する。若いということは本当に素晴らしいことだ。
今日の第3試合【香川西:鹿児島工】で香川西のキャプテン捕手は中国人と言っていたと思う。
今、日本に居る外国人子弟がどんどんこういった場所に登場するのは結構なことだし、当然だと思う。サッカー選手の中にも無理やり当て字を使った帰化人もいることだし広がっている。平和な日本を象徴するような広がりであり結構なことだ。

ラジオ(イヤホン)で高校野球を聞きながら庭の格納庫の修理を大汗タラタラやったおじんの一日でした。ギンギンに冷やしたビールのうまかったのなんの、サイコー!!!ビールビール
| tayo0826 | 今日の出来事 | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
胡瓜(きゅうり)さん、ありがとう
夏前に庭の片隅を利用して胡瓜苗を3本植えた。植物
私が四国遍路に出かけている間にも日に食するくらいは収穫が有ったようだが、葉も半分ぐらい枯れはじめ妻は「もう終わりかな・・・」と思ったらしい。
私が帰ってから枯れた葉を整理し液肥をやり、植え元を漉いてやったらまた元気が戻り花が付き実がなり始めた。「やっぱり愛情だね。花ラブ」妻の一言。
それは感じる。
日々見て世話をする、これで野菜たちも精一杯応えようと努めてくれる。無農薬だし当然虫が付くが、日々手入れすることにより野菜たちも負けまいと頑張っているような気がするのも多分私だけではないだろう。
今までは勤めの傍らだったから猫の額ほどの畑で十分だったが、いまではちょっと物足らない。よし、近所の空き地を借りることを考えることにしよう。
今のところ、娘婿の畑に負けている。彼の家の庭は日当たりが良く出来、そして収穫量も多い。秋口に入ったらやってみよう。植物
| tayo0826 | 家庭菜園 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
四国遍路その後(お礼参り・その2)
写真は高野山奥の院での納経

昨日(8/8)、四国88ヶ所順拝のお礼参りに高野山(奥の院)に参拝した。
台風7号が紀伊半島に上陸するかも・・・の予報であったが、もともと8.8の日に行く予定をしていたのと、予報に反して朝からピーカン、出かけることにした。西宮から大阪市内を越えての道であり、渋滞の影響等で行きに4時間を要したが無事参拝を終えた。
甲子園の暑さを全国に放送しているが、ここは別世界。台風の加減か時折横風がきつい時もあったが、24度で心地よい爽やかな山内散策を楽しめた。
それにしても高野山は不思議の世界だ。由緒ある場所であることは百も承知ながら織田信長の墓もあり、明智光秀の墓もある。徳川家、豊臣家の霊台、どんな事情も受け入れる仏教の懐の深さと言うか、俗な言い方では有るが『死んでしまえばみな一緒』御仏に導かれると言うことか。


| tayo0826 | バイクで気儘旅・四国88ヶ所巡り | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
【高校野球】夏の甲子園大会はじまる
H18.8.6(日)
暑い暑いと言ってもどうしようもない。
この暑い夏空に似合うのが『高校野球』だ。今日は甲子園での大会初日、組み合わせ抽選会で初日に屈指の好カードが組まれていることは承知していた。
午後になって、ふと思い立った。よし、甲子園に行って見よう。
「お母さん、ちょっと甲子園に行って来るわ。」、「えっ! 甲子園?、何で・・・。」、「決まってるがな、原チャで行ってくるわ。」、「そんな、・・気をつけてね」、{ハイハイ!」
こんな調子で出かけた。バイクで30分、なんと便利な立地でしょう。
申し訳なかったが甲子園球場近くのコンビニで凍ったペットボトルを買い、そのままコンビニの片隅に邪魔にならないようバイクを置かせていただいて球場にのりこんだ。
本当に久しぶりの甲子園、【大阪桐蔭:横浜】の好カードで超満員。入場料が要らない外野席に行ったがとても座って見れる余地は無い。球場周りを一周しわざわざ¥1,600を払ってバックネット裏の丁度放送席のある付近に陣取って観戦した。隣の放送席からの放送をラジオ(イヤフォン)で聞くのもちょっとおかしな感じ。さらには3段ほど下に放送中のTV画面が見れ、球場全体を見渡しながら、かつTVも見れる。何と特等の席か。。。
プロ野球も良いが、あのテンポの速いキビキビとした球児たちの試合振りはいつ見ても気持ちがいい。しかも、現場で見る応援風景、カーン、ワーとあがる大歓声、テレビでは望めない臨場感(当たり前では有るが・・・)、たまらん。
結果は皆さんご承知の通り。さわやかな気分を味わいバイクで帰路についた。
よし、暇を見つけて(暇だろ・と言われそうだが結構やることがある)また来よう。

| tayo0826 | スローライフの特典 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
四国遍路その後(お礼参り)
四国88ヶ所巡拝を終えてひとつ気になっていることがある。
ある先輩に結願(けちがん・88ヶ所を回り終えること)の報告をしたところ、お礼参りは『高野山だよ』と言われてしまった。気になったので早速、四国遍路についての本を調べてみた。『お礼参り』については人それぞれでいろいろな考え方があるようだ。
地元の方の話だと「結願したら、どこでもいいからお礼参りには行きなさい。あんたは自分の力で結願できたと思っているかしれんが、それは違うよ。お大師さんをはじめ、いろいろなものに助けられてこそなんだよ。遠くからでもいいから、手を合わせて『有難うございました』、それだけでいいんだよ」
そうかもしれない。
因みにお礼参りの例として、

“十八番目の札所で結願して終り。
結願後、いちばん最初に参拝した札所(発願)、もしくは既に参拝した最寄の札所に行く。
7覺蠍紂高野山奥の院へ行く。
し覺蠍紂帰宅してから家の菩提寺に行く。

上の組み合わせを含めてこのパターンのようだ。
私の場合は△如悗礼参り』したのでそれでも良いと思うが、高野山の一度行って見たいと思っていたのでお礼参りを兼ねて来週家内とともに出かけてみることにする。
こんな気儘な計画が立てられるのもスローライフに入ったおかげだ。
結願の寺・大窪寺


| tayo0826 | バイクで気儘旅・四国88ヶ所巡り | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
四国遍路十日目(結願)
H18.8.3(木)
昨日の日記に書いた通り、87番・長尾寺〜88番(結願寺)大窪寺を無事回り終えた。そしてお礼参りに最初の寺・霊山寺にお参りし帰路についた。
あの記録的な大雨が終わった7月25日より四国に入り今日8月3日、延べ10日を要する旅だった。
スローライフを楽しむ意味では『歩き』でやりたかったが、なにせ初回でもあり雨なら休むといった気儘な旅と言う事で『バイクで遍路』を企てた。
何よりも『同行二人』で無事回り終えられたことに感謝!
バイクとはいえ、八十八番札所を回り終える目的は達した満足感はある。

娘からメールで『今回の遍路旅で心境の変化または悟りの境地などが得れたか』の問いがあったが。。。???だ。
妻から『今回の遍路は【頭を空っぽにする(過去のしがらみを切り離す)目的】だったでしょ。』、これについても四国に行く前から『空っぽ』になっていたような気がするし・・・。(笑)
暑さもあって寺から寺へ急いだ旅になった気がするが、人・自然から元気を貰った旅でもあった。
スローライフ バンザイ!!!

延べ走行距離 1871

南無大師遍照金剛

| tayo0826 | バイクで気儘旅・四国88ヶ所巡り | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
四国遍路九日目

H18.8.2(水)
75番・善通寺から86番・志度寺まで。結願のお礼参りにも色々あるらしいが、四国遍路が世界唯一の円環型巡礼といわれているらしく、いちばん最初の札所にお礼参りして円環にする、これで今回の終わりにする。
一期一会、少ない中でも出会いはある。福山の吉田さん、土建屋さんだが今、暇だから遍路に来たんだって。
私にとって今回の遍路は何だったんだろう。そこらへんは、帰ってじっくり考え報告したい。
あと、一日頑張って行こう!
巡拝10ケ寺
走行距離・145KM
累計距離・1655KM
| tayo0826 | バイクで気儘旅・四国88ヶ所巡り | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
四国遍路八日目

H18.8.1(火)
64番・前神寺から74番・甲山寺まで、香川県善通寺まできた。
いよいよ終盤、結願(けちがん)まで残り14寺そして1番札所にお礼参りをして帰路につく予定。
今日もカナカナと鳴く秋蝉の声ばかりの静寂な寺々だった。“静けさや岩に染み入る蝉の聲”まさにこんな感じ。
こんな中での敬虔な祈り・・・、なにかしら念じれば通じるような気になるのは私だけではないだろう。
本日の走行距離・155KM
累計距離・1510KM
写真は66番・雲辺寺の五百羅漢の一像
| tayo0826 | バイクで気儘旅・四国88ヶ所巡り | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) |


SELECTED ENTRIES
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2006 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS