たよさん日記

たよじいさんのスローライフ
菜園を中心に日ごろの出来事を
気儘に!
春遠からじ、山陰を旅する
3月15日−16日にかけて山陰を旅してきた。
実は私の古里なんです。
1ヶ月ほど前に計画したときはとっくに春が来ているはずだったが、どうしてどうして「春遠からじ」の肌寒い日々が続いている。ひょっとして雪なんてことにならないかと心配した。
日ごろの精進がものをいったのか、寒さは感じたものの比較的穏やかな旅行を楽しむことが出来た。

15日−懐かしい霊峰『大山(だいせん)』を横手に眺め、米子を過ぎて一路安来市の『足立美術館』に向かう。
古里の近くでありながら過去に訪れたことがなかった。庭園日本一と称され、アメリカでジャパニーズガーデンNo.1の栄誉を得ただけの価値ある庭園を堪能した。
堪能したと言ったのは、今がオフシーズンだと思う。人が少なく十分に時間をかけて眺めることができた。
残念ながら同美術館の見所である『横山大観の絵』などの作品は写真に撮る事が出来ないためご披露できない。
庭園日本一の一部を紹介します。

まずは霊峰、大山の勇姿  どうです! (ちょっと分かりにくいか。)


これが庭園日本一、足立美術館の庭園。
借景の取り込んで大きな絵になっている。





そしてかの有名な皆生温泉で、これまたゆったりと温泉三昧。
こんなにゆったりと湯につかったのことは無かった。
なにしろ人が少なくて一人で大きな露天風呂をつかう、こんな贅沢は望んでもできない。
ホテルでは「松葉がにの会席」かに・カニ・かに・・・・
最後はかにのおじやで締め、サイコー!!!


16日、雄大な日本海の荒波も絵になる。




そして、こんなことも。


そうなんです。境港はあの水木しげるさんの誕生の地、
『ゲゲゲの鬼太郎』や『ねずみ男』が出迎えてくれる。

山陰は海の幸の宝庫、地元の人々が買物をするスーパーには「えっ!こんなに安いの?」と目をむくほどの新鮮な海産物が手に入る。
どこでもそうとおもうがみやげ物店は高い。絶対に地元の人が買うスーパー等の店に行くべし。
これをトロ箱に詰めてもらって「ホクホク」した心地で帰路についた。
早速、夜は海の幸を存分に味わった。

まさに「スローライフを満喫」の旅だった。

| tayo0826 | スローライフの特典 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tayo0826.blog.bai.ne.jp/trackback/85638
トラックバック

SELECTED ENTRIES
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS